病院や整体で治療を受ける

腰痛を感じたら取るべき行動

カウンセリング

腰痛になったとき、多くの方が病院に行くかを迷ってしまう方がいます。腰痛の改善方法でとても重要になるのが、腰痛の原因を正しく調べることと初期治療になります。そのため腰痛と感じた場合は、一度受診する必要があるでしょう。
ただ、病院ということで身構えてしまう方もいるかもしれません。実際、病院で検査を受けても原因不明となることもありますし、治療を受けても腰痛が改善されないことも少なからずあります。このような時は、整体院または接骨院に行って診断してもらいましょう。病院では解明できない骨や筋肉などの身体バランスによる腰痛の場合は診断・治療効果を発揮してくれる可能性が高いです。

腰痛の症状に合わせて受診先を選択

整体

腰痛の症状での一般的な基準ですが、症状によって受診を受ける場所を決めましょう。腰痛の症状によっては専門的な施設でしか治療を行うことが出来ないというケースもあります。例えば、腰痛の症状で足の痺れや感覚障害がある場合は整形外科での治療が必要です。また立ち上がるときや起き上がるとき、横になっても痛いという場合には接骨院での治療がおすすめです。
このように症状別に合わせて受診を受ける場所を決めることのメリットは、早く腰痛改善のアプローチができることです。症状を放置して長引けば長引くほど悪化をしてしまうこともありますし、見当違いな治療によって腰痛が悪化することもあるので十分に気をつけましょう。

腰痛の原因や痛みの根源はよくわからない

いろいろな要因で引き起こす腰痛は、特定するのが難しいです。さらに、あらゆる原因が併発している可能性があるので、可能性がある対策をひとつずつ潰していくことも大切なことと言えるでしょう。まずは、原因として考えられることをピックアップし、それに合わせた改善方法を見出していくことが大切です。

腰痛に関するQ&A

腰痛を引き起こす病気は何がありますか。

骨軟化症や座骨神経痛、尿管結石などが挙げられます。このような症状というは中々自分で自覚することが難しいため、腰痛で悩んでいる方が病院で診断した際に病気が発覚するケースが多くあります。普段腰痛に悩まされている方が多くいますが、実は様々な病が腰痛と関係している場合があるので、腰痛は放置せずに早期に治療するようにしましょう。

加齢によって起きる腰痛は何ですか?

更年期障害です。女性の40代半ばから50代半ばにかかる閉経の際に、自律神経系の異常症状や精神的な症状がみられる障害になります。ホルモンバランスが崩れてしまい、多大なストレスを抱えてしまうことでその結果腰痛を患います。また、脊柱管狭窄症もあるでしょう。これは、加齢によって骨が変形してしまい神経にダメージを与えてしまうことで腰痛になってしまうのです。

腰痛の改善方法が教えてください。

今腰痛で悩んでいる方は数多くいますが、まず自分の腰痛の原因を知ることから始めましょう。そうすることで、自分の腰痛の原因を知ることができ、効率よく改善することができます。また、腰痛といって症状は異なるので、専門の医療機関に行き診断してもらうことが大切です。そして、腰に負担をかけないように生活の中でも意識して腰のケアを行っていきましょう。

医療機関での腰痛診断はどんな感じですか?

医療機関では腰痛の原因を詳しく調べるために、いろいろな検査を受けることになります。主に受けるのは、問診や理学的な検査、画像による検査となるでしょう。画像による検査では、レントゲンなどを用いて腰の内部を読み取り腰痛の原因を詳しく調べていきます。また、医療機関によっては、血液検査を調べる場合もあるのです。このようにして、腰痛の原因を詳しく調べることができます。

診断を受けることで原因が見える

腰痛の改善方法は自分で特定することが難しいですし、根本的な解決にならない可能性が高いです。ですから、医療機関へ行って受診をすることは改善策を見つける最善の策です。また、腰痛と思っていたら別の原因だったと言う可能性もあるので、慢性的な痛みやひどい痛みが見られる場合は医療機関を利用しましょう。